紅葉重ね・離れの時機・弓具の見方と扱い方


紅葉重ね・離れの時機・弓具の見方と扱い方

紅葉重ね・離れの時機・弓具の見方と扱い方

遊戯社
日置流印西派の名人とうたわれた浦上榮先生の著書。手の内や離れの導き方は流儀ごとに大きく異なるところだろうが、伝統的な弓具に関しての記述が大変充実している。グラスファイバーの弓と金属パイプの矢しか使ったことのない世代が多くなった現在では得難い書。

禅という名の日本丸


禅という名の日本丸

禅という名の日本丸

弘文堂
武術はいつから武道になったのか、どうして武道は禅とからめて説明されるようになったのか、ヘリゲル氏の「弓と禅」を読んだがどうもすっきりしない、と思ったときにオススメの一冊。

詳説弓道


詳説弓道

詳説弓道

大修館書店
小笠原流の先代宗家(弓馬術礼法小笠原教場三十世宗家小笠原清信)と白石暁氏との共著。レントゲンや筋電図を駆使した科学的なアプローチが素晴らしい。正面射法と斜面射法での勝手の捻りに関する相違など読みどころ満載。

5-21 私の竹林懸け

sakurai_yugake1.jpg

写真は2年程前に(平成16年12月)名古屋の松波佐平弓具店で購入した竹林懸けです。
続きを読む>>

11-12 続々・三十三間堂の通し矢

以前、三十三間堂の通し矢に使用した弓の強度を、お堂の高さと距離から推定しましたが、星野勘左衛門が三十三間堂で天下一を取ったときの弓の詳細な記述がありましたので、その強度をまた推定したいと思います。
続きを読む>>

11-11 竹林坊如成の終焉のなぞ

竹林坊如成は「一遍の射(四巻の書の原本)」を著し、尾張松平忠吉卿に奉仕して多くの門弟を育成し日置流竹林派と呼ばれました。次男の貞次が弓の名手になって家督と竹林流の印可を唯一伝授した後は隠居しました。そして再び出家して何処へか消息を絶ち、石堂家にも門弟にも連絡無く何時何処でなくなったか不明という謎の多い人物でした。
続きを読む>>

12-17 一遍の射、四巻の書、五巻の書、日置流弓術書

竹林流弓術書である「四巻の書」は、私も含め誰もが竹林坊如成の書物であると記述していますが、厳密には竹林坊が書いたのは「一遍の射」という書物です。
続きを読む>>

1-21 心の騒静は七情を去って寝々子法師に至れ

寝々子法師の話は、天の巻1-18に書きましたが、弓道には激情が妨げになることが、中学集という竹林流の伝書にありましたので、現代風に書いてみます。
続きを読む>>

11-10 続・三十三間堂の通し矢

四巻の書 七道 離の事 別の離れにおいて、星野勘左衛門は堂射について、以下のような注釈をしています。
続きを読む>>

8-17 四つの離れ(切、払、別、券)のこと

伝書(四巻の書)七道 離れの事 の節に四つの離れ(切、払、別、券)が出てきます。
続きを読む>>
小笠原流 流鏑馬

小笠原流 流鏑馬 | 小笠原流が各地の神社で奉仕する流鏑馬を網羅した写真集。各地それぞれの行事の特徴や装束が美しい写真で解説される。観覧者が通常見ることのない稽古の様子や小笠原流の歴史についても書かれており読み物としても興味深い。数百年の時を経て継承されてきた古流の現在を記録し後世に残すという意味で資料としての価値は高い。

小笠原流弓と礼のこころ

小笠原流弓と礼のこころ | 小笠原流宗家(弓馬術礼法小笠原教場三十一世小笠原清忠)著。一子相伝800年の小笠原流の歴史や稽古法などについては40年程前に先代宗家の著した書があるが、本書では加えて武家社会終焉以来の「家業を生業とせず」という家訓を守ること、そしてこの平成の世で礼法のみならず弓馬術の流儀を守ることへの矜恃が綴られる。

弓の道 正法流入門―武道としての弓道技術教本

弓の道 正法流入門―武道としての弓道技術教本 | のうあん先生こと正法流吉田能安先生の教えを門人達が記録した書籍。のうあん先生は古流出身ではないが、古流を深く研究した上で現代正面射法を極めた人といえる。射法についての解説はもちろんのこと、伝説の兜射貫きや裏芸といわれる管矢についての記述も読み応えがある。

記事カテゴリ
最近のコメント
著者プロフィール
過去の記事
others
東海弓道倶楽部