home >  特集記事 > 東海学園弓道部史

【昭和35年〜】弓道場拡張工事を経て戦後の黄金時代へ

こうして戦績が向上するに伴い、部員の増加により道場が手狭となり、学校の理解ある援助で昭和35年に五人立ちが出来るよう間口一間(約1.8メートル)を拡張する工事が行われた。
続きを読む>>

【昭和45年〜】第二弓道場の建設と夜間照明設備の設置

このように快進撃を続ける東海であったが、道場は2度の拡張工事を経ても中学又は高校の試合前は、片方が的前練習を止めねばならない状況であった。
続きを読む>>

【昭和46年〜】弓道衣・袴の着用や春合宿の開始

昭和46年になると、高校では石黒俊太郎君(高25回卒)が県代表選手として8月2日〜5日高知県丸の内高校体育館で開催された第15回インターハイに出場した。
続きを読む>>

【昭和49年〜】第1回全国中学生通信弓道大会で全国優勝

当時の中学県大会は五人立・一手5回による50射を競うもので、東海が8連覇出来たのは選手層の厚さに加え、それを支えた多くの部員諸君のチームワークによるものであった。
続きを読む>>

【昭和56年〜】十人立大弓道場の建設

この頃から中学高校合わせて部員数100名を超すようになり、練習に支障が多くなったため、学校当局の配慮と山田弾六会長を中心とする東海弓道倶楽部の熱烈なる援助で、昭和56年間口十間(約18メートル)・奥行七間(約12.6メートル)の十人立大弓道場が新築された。
続きを読む>>

【昭和58年〜】第1回全国高等学校弓道選手権大会地区代表の座を獲得

特に昭和57年優勝した東海は、翌58年から始められた春の全国大会への出場権を目指し、2月に名古屋市営弓道場で開催された第1回東海地区大会でも金田陽介・飯田耕三・鈴木達康(高36回卒)・岩間正晃(高37回卒)君らが見事優勝した。
続きを読む>>

正射正中を目指して

弓道は心技体の一致が必要であり、その極致を一射一射に実現しようと修練を重ねている。そのような弓道精神を通して人間形成を目指している東海弓道部の厳しい中にも楽しさのある雰囲気は、ここに記載できなかった歴代の部員諾君の努力を通して伝統となって培われたものである。
続きを読む>>
記事カテゴリ
最近のコメント
recommend
小笠原流 流鏑馬

小笠原流 流鏑馬 | 小笠原流が各地の神社で奉仕する流鏑馬を網羅した写真集。各地それぞれの行事の特徴や装束が美しい写真で解説される。観覧者が通常見ることのない稽古の様子や小笠原流の歴史についても書かれており読み物としても興味深い。数百年の時を経て継承されてきた古流の現在を記録し後世に残すという意味で資料としての価値は高い。

小笠原流弓と礼のこころ

小笠原流弓と礼のこころ | 小笠原流宗家(弓馬術礼法小笠原教場三十一世小笠原清忠)著。一子相伝800年の小笠原流の歴史や稽古法などについては40年程前に先代宗家の著した書があるが、本書では加えて武家社会終焉以来の「家業を生業とせず」という家訓を守ること、そしてこの平成の世で礼法のみならず弓馬術の流儀を守ることへの矜恃が綴られる。

弓の道 正法流入門―武道としての弓道技術教本

弓の道 正法流入門―武道としての弓道技術教本 | のうあん先生こと正法流吉田能安先生の教えを門人達が記録した書籍。のうあん先生は古流出身ではないが、古流を深く研究した上で現代正面射法を極めた人といえる。射法についての解説はもちろんのこと、伝説の兜射貫きや裏芸といわれる管矢についての記述も読み応えがある。

著者プロフィール
過去の記事
others
東海弓道倶楽部