home >  弓道四方山話

巻の構成について

「弓道四方山話」における全体構成について少し説明します。巻数を12巻構成としたのは、全体の文章が多くなったので、巻の目録が1頁に収まり、さらに各巻の細目が1頁に収まるように考えて巻数を増やしたためです。しかし結果的に、細目は1頁に収まらなくなり、巻数が多過ぎるため似たものが別の巻に混在してしまいました。例えば四・五巻、六・七巻、八・九巻などはそれぞれ似た内容の巻となっています。
巻構成の分類は概ね以下のような趣旨で行いましたが、一つの文に関連して次の文が出来たりしたので、あちこちに似たものが渾然となりました。また、竹林では「会」という言葉を弓道八節の「会」と「懸けの結び」の意味との両方の意味にかけて用いますので、「会」と「かけ」が混同した分類となりました。おおよその分類とお考え下さい。

巻の壱「天の巻」:弓道の原点、心気の働き、心の持ちかた
巻の弐「地の巻」:弓射の基本、仕組みを合理的・力学的にせまる
巻の参「修学の巻」:技を練る、修学の心得
巻の四「父の巻」:弓手、手の内、剛弱
巻の五「母の巻」:馬手、手の内、懸け(会)
巻の六「掛け橋の巻」:胴造、引き分け、弦道
巻の七「十文字の巻」:総体の十文字
巻の八「石火の巻」:離れ
巻の九「紫部の巻」:離れ
巻の拾「未来身の巻」:残身、輪廻
巻の拾壱「流水の巻」:流派の伝承
巻の拾弐「文の巻」:弓道書との出会い、文化
記事カテゴリ
最近のコメント
recommend
小笠原流 流鏑馬

小笠原流 流鏑馬 | 小笠原流が各地の神社で奉仕する流鏑馬を網羅した写真集。各地それぞれの行事の特徴や装束が美しい写真で解説される。観覧者が通常見ることのない稽古の様子や小笠原流の歴史についても書かれており読み物としても興味深い。数百年の時を経て継承されてきた古流の現在を記録し後世に残すという意味で資料としての価値は高い。

小笠原流弓と礼のこころ

小笠原流弓と礼のこころ | 小笠原流宗家(弓馬術礼法小笠原教場三十一世小笠原清忠)著。一子相伝800年の小笠原流の歴史や稽古法などについては40年程前に先代宗家の著した書があるが、本書では加えて武家社会終焉以来の「家業を生業とせず」という家訓を守ること、そしてこの平成の世で礼法のみならず弓馬術の流儀を守ることへの矜恃が綴られる。

弓の道 正法流入門―武道としての弓道技術教本

弓の道 正法流入門―武道としての弓道技術教本 | のうあん先生こと正法流吉田能安先生の教えを門人達が記録した書籍。のうあん先生は古流出身ではないが、古流を深く研究した上で現代正面射法を極めた人といえる。射法についての解説はもちろんのこと、伝説の兜射貫きや裏芸といわれる管矢についての記述も読み応えがある。

著者プロフィール
過去の記事
others
東海弓道倶楽部