home >  このサイトについて

ご挨拶

射法.com


射法.com の Webmaster 峯と申します。射法.com にご訪問頂き誠に有り難うございます。

当Webサイトは古流弓術の研究と実践をテーマとして、主に小笠原流弓馬術と尾州竹林流(日置流尾州竹林派)弓術に関する記事を掲載しています。

小笠原流に関してはわたくしが執筆し、尾州竹林流に関しては櫻井孝氏が執筆しております。文責はそれぞれの著者にあります。

櫻井氏のプロフィールにも書かれていますが、私と櫻井氏は同じ中学高校の弓道部(東海学園弓道部)で弓の手ほどきを受けた先輩後輩です。とはいえ年齢は20歳も違いますので、実際には母校の道場で一緒に稽古をしたことはありません。住まいも年齢も遠く離れた先輩後輩が手を携えてこのような執筆活動ができるのは、全くもってインターネットの恩恵というより他はありません。

さて、弓は実芸であり、その術は筆舌に尽くせぬものであることは皆様ご案内の通りでございます。

しかし、我が国の貴重な文化である古流弓術が、現代弓道に埋没して原型をとどめなくなる前に、何か自分にできることはないかという想いで、このWebサイトを開設いたしました。

未熟な弓引きが壁に突き当たり試行錯誤を繰り返す中で、文献を調べ、先輩にお尋ねしながら、悩みつつも稽古を続ける記録をご笑覧頂ければ幸いです。

今回のサイトリニュアルでBlog形式にいたしましたが、著者はコメントに直接お答えすることはいたしません。コメント欄は読者同士の意見交換等にご利用下さい。

尚、公序良俗に反するなど管理者が不適切と判断したコメントやトラックバックについては予告無く削除することがあります。

著者へ直接意見を送りたい場合はメール送信フォームをご利用下さい。
|
小笠原流 流鏑馬

小笠原流 流鏑馬 | 小笠原流が各地の神社で奉仕する流鏑馬を網羅した写真集。各地それぞれの行事の特徴や装束が美しい写真で解説される。観覧者が通常見ることのない稽古の様子や小笠原流の歴史についても書かれており読み物としても興味深い。数百年の時を経て継承されてきた古流の現在を記録し後世に残すという意味で資料としての価値は高い。

小笠原流弓と礼のこころ

小笠原流弓と礼のこころ | 小笠原流宗家(弓馬術礼法小笠原教場三十一世小笠原清忠)著。一子相伝800年の小笠原流の歴史や稽古法などについては40年程前に先代宗家の著した書があるが、本書では加えて武家社会終焉以来の「家業を生業とせず」という家訓を守ること、そしてこの平成の世で礼法のみならず弓馬術の流儀を守ることへの矜恃が綴られる。

弓の道 正法流入門―武道としての弓道技術教本

弓の道 正法流入門―武道としての弓道技術教本 | のうあん先生こと正法流吉田能安先生の教えを門人達が記録した書籍。のうあん先生は古流出身ではないが、古流を深く研究した上で現代正面射法を極めた人といえる。射法についての解説はもちろんのこと、伝説の兜射貫きや裏芸といわれる管矢についての記述も読み応えがある。

記事カテゴリ
最近のコメント
著者プロフィール
過去の記事
others
東海弓道倶楽部